日本馬の海外の成績や勝てない理由は?ルメール騎手の年収やゴスデン厩舎とは?

こんばんは kenkenです。

凱旋門賞が行われましたね。

個人的には普段競馬とか見ない方なのですが

有名なレースになるとニュースなどに取り上げられますよね。

そういった場合は見たりするのですが

今回 日本の馬 サトノダイヤモンドが優勝するのか!?という事でしたが

着外という結果になってしまいましたね。

そこで今回は 日本の馬は海外場に勝てないのか!?という所と

騎手やゴスデン厩舎の部分にスポットを当てて見たいと思います。

目次

  1. 日本の馬と海外の馬の違い。
  2. 騎手の年収
  3. ゴスデン厩舎とは?
  4. まとめ

以上の内容でお送りしたいと思います。

スポンサードリンク

日本馬の海外の成績や勝てない理由は?

今回の凱旋門に挑戦した 日本馬は結構いるみたいですが

いまだ優勝はできていません

最高でもオルフェーヴルやエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタの二着ということでした。

結構長くやっているのに未だに優勝出来ないとなると

血筋みたいなものが違うのか!?

日本人と海外の人では身体能力が違う!?そんな感じでしょうか( ゚Д゚)

また あまり競馬を知らない方でも有名な

ディープインパクトもかつて挑戦したことがあるようですが

それでも凱旋門で勝てていないというのは驚きですね。

色々調べてみると 勝てない理由というか

海外では レース展開が日本と違いヨーロッパの馬の前半のペースが遅いようです。

ですので普段 日本のレースで走っている感覚で走ると

感覚が違い 思ったようにレース運びが出来ないという事も理由に

あるようです。

また 騎手との連携もということのようですね。

騎手の年収

騎手の年収ってどれくらいなのだろうと気になって調べてみました。

今回の凱旋門を例に見てみると 1着が3億という

破格の賞金がもらえるようです( ゚Д゚)

ですので数十億プレイヤーがゴロゴロいるという事に

なりますね。

一方日本のレースでも 有名なレースになると

同じくらいの金額がもらえるようですので

日本の騎手も年収は同じくらいではないかと思われます。

スポンサードリンク

ゴスデン厩舎とは

今回の1着を獲得した エネイブルはゴスデン厩舎

という所の出身という事ですね。

このゴスデン厩舎には名馬と呼ばれる馬が数多くいるようですね。

今後もここ出身の馬が出場する場合は要注目という事ですね。

まとめ

今回は競馬についてスポットをあててみました。

また来年 凱旋門に挑戦して 日本の馬が優勝する場面に立ち会いたいものですね。

それでは最後まで観覧していただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする