京唄子の死因と遺産や財産は?本名や若い頃の画像は?

こんにちは kenkenです。

関西の宝の京唄子さんが天国に旅立たれてしまいましたね。

原因は肺炎という事のようですね。

僕自身名前は知っているけど詳しくは知らないので色々調べてみようと思います。

目次

  1. 京唄子さんってどんな人?
  2. 遺産や財産は?
  3. 若い頃の画像や動画は?
  4. まとめ

以上の内容でお送りしたいと思います。

スポンサードリンク

京唄子さんってどんな人?

氏名 京唄子

本名 鵜島 ウタ子

生年月日 1927年7月12日

出身地 京都府京都市上京区西陣

職業 女優 漫才師

宮城千賀子の劇団「なでしこ劇団」に入り、京町唄子の名で舞台女優となり

数々の劇団を渡り歩いて実力と知名度を上げていったようです。

俳優の浪花五郎と結婚するが5年で離婚

1956年に「瀬川信子一座」で座付き作家を務めた鳳啓助と出逢い

漫才コンビ「唄子・啓助」を結成して漫才を始めたようです。

この時代に女優でありながら漫才をされるというのは

結構衝撃があったんだろうなと思うのですが当時の漫才を見ても面白いですね。

鳳と結婚するも1965年に離婚

3度目の結婚は三田マサル

4人目の結婚相手が死去時の夫となるなど

恋多き女性であったということは分かりますね。

1970年には唄啓劇団を旗揚げするもうまくいかず京唄子劇団を設立したようです。

1969年から1985年まで16年間続いたフジテレビのトーク番組『唄子・啓助のおもろい夫婦』で啓助とともに司会を務めたり、辛口コメンテータとして芸人さんを評価していたり

していたようです。

スポンサードリンク

遺産や財産は?

気になるのが遺産や財産はどれくらいあったのかが気になって調べたのですが

情報がありませんでした( ゚Д゚)

ですが大物女優であり漫才師だったので財産はかなりのものがあるであろうと

結構な額だとおもいますね。

若い頃の画像や動画は?

(出典 tuitter)

動画はありませんでしたが音声のみでありますが当時の

漫才をお楽しみください。

(出典youtube

まとめ

今回は京唄子さんにスポットを当ててみました。

今までお疲れさまでしたと共に天国でも漫才を続けてほしいですね。

それでは最後まで観覧していただきありがとうございました。