松本孝弘があのお店にライブ前日入り!!本人のアンプが弾ける!FATのエフェクターは!?

こんばんは kenkenです。

ギター好きなら一度は聞いたことあると思います。 松本孝弘. 知らない!!( ゚Д゚)( ゚Д゚). いやそんなことはないです 絶対知っています。 もし知らない人がいたらごめんなさい。部屋の隅で空気イスします(・∀・). というわけ …

今回は松本孝弘さんにスポットを当ててみたいと思います。

  1. 目次
  2. 松本孝弘さんて!?プロフィールを徹底解明
  3. ギタリストの命!!テクニックや機材は!?本人のアンプが弾ける!!
  4. ライブ前日にあのお店に!!
  5. まとめ

スポンサードリンク

松本孝弘さんって!?プロフィールを徹底解明

氏名 松本孝弘

年齢 1961年3月27日

職業 ギタリスト・音楽プロデューサー 

出身 大阪

所属レコード ビーイング

所属事務所 バーミリオン

日本で初めて 世界でも5人目となるGibsonモデルを発売する。

ラリーカールトンとの共演によりグラミー賞を受賞

皆が知っている曲ミュージックステーションの曲 ♯1090(ワン オー ナイン オー)

ギターのシリアルナンバーからこのタイトルをつけたのはファンの間では有名ですね。

お子さんは息子さんと娘さんが一人ずついるようです。

スポンサードリンク

松本孝弘さんのテクニックや機材は?本人のアンプが弾ける!!

よくギターを弾かれる方が疑問に思うのは あのギタリストって上手なの!?とか上手じゃないの!?とか聞かれたりすることがあるのですが、

僕はプロである以上テクニックについては大差はないと思っています。

ただ方向性が違うというだけだと思います。

一緒に共演された一流ギタリストや一流アーティストがいうのは

「Takのトーンは最高だね」と口を揃えて言うそうです。

本人も チョーキングした後のビブラートが特徴かなと言っているので テクニックうんぬんではなくそのギタリストの 音 だったり 弾き方ではないかと思います。

次に 気になるのが 機材だと思いますので 機材を見ていきましょう。

昔は色々なメーカを使用していましたが、ここ最近では

FATという松本さん専属のチームのアンプやエフェクターを使用されていますね。

こちらで 実際に買う事ができます。

実際に本人も使っていますね。

僕もいくつか所有していますが 良い音します(・∀・)

今年も企画されています 松本さん本人が使用しているアンプや機材を使えるという

素晴らしい企画が開催されます。

こちらからスケジュールの確認が出来ますので 気になる方はチェックしてみてください。

スポンサードリンク

ライブ前日にあのお店に!!

友人から写真が送られてきたのですが(;・∀・)

本人がとあるお店でマネージャーだと思われる方と飲んでいたというメールが来ました。

羨ましすぎるんですけど( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

何度も教えてほしいとお願いしたのですが プライベートだからの一点張りで

教えてくれませんでした(´Д`) 当然と言えば当然ですが(´Д`) 力づく聞き出します(笑)

ですが以外にも人が多いところで普通に飲んでいたという事でした(笑)

まとめ

今回は松本孝弘さんについてまとめてみました。

これからも伝説を数々うちたててくれると信じております(*´Д`)

それでは最後まで観覧していただきありがとうございました。