永野健から学ぶ守備の基礎!テレビスポーツ教室!自宅や独身生活は?

こんにちは kenkenです。

何事にも基礎は大事というのは最近本当によく思います。

スポーツや音楽など 大勢のお客さんを前にするとどうしても普段の力が発揮できなくなってしまうのですが、 そこはどれだけ日々の反復練習をしてきたかによって変わってくると思います。

そこで本日放送される テレビスポーツ教室では

バレーボールの守護神 永野健さんが講師で

守備の要 「リベロ」 攻撃の土台となる「レセプション」 最大の見せ場「ディグ」

を解説してくれるということですからバレーボールをされている方は要チェックですね。

そこで永野健さんについてスポットを当ててみたいと思います。

目次

  1. 永野健ってどんな人!?身
  2. リベロ!レセプション!ディグ!
  3. 結婚生活や自宅は?
  4. まとめ

スポンサードリンク

永野健ってどんな人!?

氏名 永野健(ながのたけし)

年齢 1985年7月11日(31歳)

身長 176cm

職業 バレーボール選手

所属 パナソニック・パンサーズ

ポジション L

指高 235cm

利き手 

スパイク 318m

これまでの歩み

佐世保南高校卒業後筑波大学進学 

2007年にパナソニック・パンサーズの内定選手になる。

2007・8年にはVプレミアリーグでの優勝ベストリベロ賞受賞

大学卒業後 パナソニックに入団

ベストリベロ賞を何度受賞されていることからそのレシーブに定評があることは

言うまでもないですね。

リベロ!レセプション!ディグ!

番組内では詳しく解説されますが 改めて確認の意味を含めて見ていきましょう。

リベロ・・・・まずはレシーブを上手に上げれる事が必須条件になりますね。

ほかにも しっかり声を出すこともリベロの重要な役割。

レセプション・・サーブレシーブの事をさしますね。

相手のサーブを受けて、味方のセッターがトスしやすいようにパスを送る

ディグ・・・スパイクレシーブの事をさしますね。

番組内でも言われていましたが技術よりも気持ちというのがとても重要という事ですね。

これが成功することにより相手チームに心理的プレッシャーを与えることができるようです。

  1. 低い姿勢からアゴを引いてボールを見上げる。
  2. 腕は体の前で常に構えておく
  3. 正面のボールに対しては何もしないことが重要ということですね。
  4. 構えは大きく いつでも動けるように準備することが重要というこですね。
  5. 技術も必要だが気持ちが最も重要

スポンサードリンク

独身生活や自宅は?

年齢的には結婚しているのかな!?と思って調べてみましたが、

それらしい情報がなかったので恐らく独身だと思います

自宅というのが検索にありましたので色々見てみますと

どうやら名前の長野県というのが引っかかってそこから自宅や住所というのが検索エンジンにひっかかかっているようです。

まとめ

今回は永野健さんにスポットを当ててみました。

これからも素晴らしい守護神として活躍してくれることを期待したいですね。

年齢的にも結婚もしやに入ってくると思うので熱愛などの報告を待ちましょう(・∀・)

それでは最後まで観覧していただきありがとうございました。